人気ブログランキング | 話題のタグを見る

memo

毎日描くひと

 近ごろ、一枚のドローイングに費やす時間が長くなってきています。シールを使い始めてから絵が少し細かくなって、寝る前にちょっと制作する、という軽い気持ちでは作れなくなってきました。基本的には一日一枚、というルールでやってはいるのですが、疲れている日は翌日に持ち越すことも多くなってしまいました。

 疲れているわけでもないのに、どうしても描けない(最近は貼ったり切ったりだけど)日もあります。そういうときは大抵、前に日に良いめのドローイングが描けた日です。気に入った作品はこまめにトップページに載せてサイトの雰囲気を変えていますが、そのあとはごく軽い燃え尽き症候群みたいになります。次の日に同じクオリティのものを維持しようと頑張ってしまうと、さっぱり何も浮かんできません。

 そんなときはノートを開かず(スキャナーに挿んだまま取り出しもしません)、翌日の明るいうちに作るとわりといいものができます。全くドローイングに集中できない日に、しょうがないからひとつ何でもいいから手を入れて、そこから連想して形をどんどん増やしていくこともありますが、そのときは意外にいいものができるか、だだの埋め合わせみたいなものになるかの両極端です(ほぼ後者)。

 毎日飽きないように工夫する必要もあります。食事といっしょで、毎日異なるレシピで作ることを意識しないとやってられません。かわいい感じの次はかっこいい感じにだとか、昨日とは全然違う配色にしよう、だとか。一ヶ月ごとに縦構図から横構図に変えたりするのもその工夫のひとつですが、今描いているノートは正方形の形をしているので、全ページ80枚、同じ形で描かなければならなくて少々つらいです。昨日画材屋で持っていない種類のシールやマスキングテープを買ってきたので、またしばらくは新鮮な気持ちで制作することができるとは思うのですが、さっそく今日、全く集中できない日にぶち当たっています。

 こんなふうに、毎日描いてるやつなんていないだろう、と思ってやっていたのですが、廣中真悟さんという作家さんが、毎日絵を更新しているのを知ったときにはそんな自分をハリセンで殴りたくなりました。ポップバンド・スカートのCDジャケットを描かれている方ですが、絵はもちろん、「本日の経過報告」の言葉のセンスがいちいちすばらしいので、皆さんもブログを毎日見ることをお勧めします。しかもたった今知りましたが、大学の先輩でした。先端芸術表現科の方だったとは。世の中は狭いです・・・。

 廣中真悟/SPINARIO

 
by msk_khr | 2012-09-09 23:16 | いろいろな作家