人気ブログランキング | 話題のタグを見る

memo

才能引力

 電子音楽家Serphの新譜「luck」のPVがYouTubeにアップされていた。傑作だった。



 Serphは20代男性によるソロ・プロジェクト。ライブは一切行わず、宅録でひたすら曲の制作をしているという室内型仙人。彼の音楽を聴くと僕はたまらなく創作意欲が湧く。
 彼は、自分というリスナーのために曲を作っているという。自分が聴きたい音楽を自給自足している感覚らしいのだ。僕もまさに同じ意見だったので自信がついた。自分が好きな作品をとにかく作ればいいということを彼は証明してくれている。
 Serphの代表曲が聴けるMyspaceはこちら


 「luck」のPVの監督である映像作家、外山光男の作品もいい。どうして天才は天才を引き寄せるのだろう?



 この方は絵も音楽も脚本も、全て自分ひとりでやってのける万能型仙人。動画が素晴らしいだけでなく、イラストレーションの作品群も秀逸だ。
 いろいろな作品が見れる外山光男のサイトはこちら

 ふたりともまだ僕と5、6歳しか年が違わない。いつの間に彼らは天才になってしまったのだろう?ふたりとも僕を焦らせるために作品を発表しているとしか思えない。僕にも同じフィールドに立てるだけの才能はあるのだろうか。不安が募る。
 彼らも別に世界的に有名なわけじゃない。むしろ非常にマイナーなアーティストと言った方がいい。しかし何がそんなにうらやましいかと言えば、とにかく活動が等身大なのである。背伸びをせず、今の自分に作れるものを素直に形にしている。だからこんなに宝箱みたいな作品が作れるのだと思う。

 5年後に自分も彼らくらいの立ち位置になっていることを祈りつつ、頑張って祈りながら、毎日祈ろうと思う。
by msk_khr | 2011-03-28 22:18 | いろいろな作家